腰痛に良い寝具

50代60代の腰痛の原因は?対策方法はこれだ!

投稿日:

50代60代になると、今まで腰痛とは無縁だった人でも突然腰痛に悩み始める人が多くなります。

一般的な50代や60代の方は、どのような原因でどのような腰痛が起こるのでしょうか?自分でできる対策法はあるのでしょうか?

腰痛の原因と対策を、年代別にくわしく解説していきます。

50代の腰痛の原因

慢性的な腰痛に苦しむ男性

50代の人が腰痛になる原因は次のようなものがあります。

  • 加齢による背骨の変形
  • 仕事で長時間同じ姿勢を続けている
  • メタボリックシンドローム
  • 更年期障害

年齢を重ねると、どうしても骨や筋肉、内蔵などは弱ってきます。

脊椎や背骨が変形すると、

  • 変形脊椎すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎椎間板ヘルニア

などの疾患を発症することもあります。共に50代の人に多く見られる疾患です。

働き盛りの50代は職業病として腰痛を発症することもあります。

  • 販売業や飲食店勤務で1日中立ちっぱなしの人
  • 長距離トラックや電車やタクシーの運転手さん
  • 1日中デスクでパソコンを使う人
  • 重い荷物を運ぶ人

同じ体勢を続けることで血行が悪くなり、筋肉も固くなります。腰に負担がかかるので、意識して腰回りの筋肉を伸ばしていきましょう。

太っているなら食生活も見直そう

食生活の欧米化により日本人の平均体重が年々増加しています。

おなかまわりに肉がつくと、腰に大きな負担をかけることになります。

食生活を見直し、運動を取り入れることで出っ張ったお腹をへこませていきたいですね。

50代女性の腰痛は更年期障害も多い

50代の女性の腰痛は更年期障害が原因であることも多いようです。

女性ホルモンが減少すると、骨の老化や骨盤のゆがみを引き起こします。骨盤がゆがむと体重を支える力が低下し、腰への負担が増加します。

イライラしやすくなったり、睡眠障害を起こしたりと更年期障害は腰痛以外にも悪影響が出て来ます。バランスの取れた食生活を心がけて、ホルモンバランスを整えていきたいですね。

50代の腰痛の対策

ご飯を食べるお年寄り

まずは食生活を見直す

50代腰痛の対策はまず食生活を見直すことです。

肥満にならないように、バランスのよい食事を心がけましょう。

更年期が気になる女性はカルシウムをしっかり摂るのもよいですね。症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

同じ体勢を続けず、筋を伸ばす

できる限り同じ姿勢を取り続けないようにしましょう。

仕事の合間に、軽いストレッチや筋トレを取り入れるのもよいでしょう。

お昼休みに20分以上のウォーキング(有酸素運動)を行うのも良いそうです。

私も職業柄、腰をよく使うのでとてもツライです。

 

最近は腰痛専用マットレスに変えてから腰の調子が良いので、気になる人は私の腰痛体験談を見てみてください。

朝起きた時に腰が痛いと感じる人は思い切って寝具を見直してみることをオススメします。

60代の腰痛の原因

ベッドの上で腰痛に悩む女性

60代になると、二人に一人は腰痛で悩んでいるといわれています。60代の腰痛の主な原因は加齢によるものが多いです。

  • 加齢による背骨の変形
  • 内蔵の病気
  • 急激な運動
  • コンパートメント症候群

60代になるとさらに骨の強度は弱ってきますし、筋肉もおちてきます。

偏った姿勢に慣れきってしまっている人もいるでしょう。

骨が歪んで変形する事で、

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 変形性脊椎症
  • 腰椎分離症

といった疾患を発症してしまいます。

60代になると今までの無理がかさなり、腰椎を支えるのにも負担がかかります。

元々筋肉量の少ない女性は男性よりもさらに腰痛で悩む人が多いです。

消化器系や泌尿器科系に疾患がある場合も腰痛になってしまうことがあるようです。

女性の場合は、子宮になんらかの疾患がある時に腰痛が起こることがあります。

いずれにしても、特におかしな姿勢や行動をした覚えがないのに、常時痛みがある場合は注意が必要です。

がんの可能性も否定できませんので、おかしいと感じたら病院に行く勇気も必要です。

60代になると、普段から運動する事が少なくなるため、急激に運動したりすると腰を痛めることもあります。

重いものを急に持ち上げたりするときも、注意しましょう。

60代はコンパートメント症候群に注意

60代以上の腰痛の原因で、最近とても注目されているのがコンパートメント症候群です。

コンパートメント症候群になると、筋肉の血流不全や壊死が原因で痛みが生じます。

筋肉の衰えにより起こるので、60代の腰痛の人の多くが、コンパートメント症候群の可能性があるといわれています。

60代の腰痛は筋肉や骨の衰えから来るのでバランスのよい食事をとることが重要です。

骨を強くするカルシウムや、筋肉を作るタンパク質を意識して摂るようにしましょう。

筋トレで筋肉をつけることも効果的ですが、あくまでも無理せずできる軽いストレッチから始めるとよいでしょう。

ウォーキングで下半身を鍛えるのもいいですね。

コンパートメント症候群の疑いがある人や心配な人は通院して専門の先生の意見を聞きましょう。

自宅でも簡単にできる改善法なども教えてもらえるかもしれません。

運動出来る時間がないなら寝具を変えよう!

ベッドでくつろぐ女性

腰痛は運動やストレッチなど、生活習慣を変えていくことである程度緩和されるようになります。

しかし、「よしやるぞ!」と意気込んでみても、なかなか行動出来ないものですよね。人間だもの。

 

そんな方には腰痛改善のために開発された腰痛専用マットレス「モットン」を試してみて欲しいです。

 

腰痛で悩んでいる日本人のために開発されたマットレスなので、ほんとに腰痛に優しいです。実際に使ってみて腰痛がかなり楽になりました。

ちなみに私も腰痛に10年以上悩んで来ましたが、腰痛専用マットレス「モットン」に変えてからかなり楽になりました。私の腰痛体験談はこちらの記事を読んでみてください。

睡眠は生活の1/3を過ごす場所ですので、どれだけ運動したって睡眠時の姿勢が悪く腰に負担を掛けていたら腰痛が改善するわけがないんです。

もしあなたも腰痛に悩んでいるのなら、是非一度「モットン」試してみて欲しいです。

※ちなみに、どれだけ汚れてようが破れてようが、使用しても90日間返品可能なので使用するリスクがありません。

 

私はヨガやピラティスなどの運動もしてきましたが、結局続かずダメでした。ヨガスタジオは料金も高く、かなりの無駄金になってしまいました・・・。この記事を読んだあなたは私みたいにバカなことはせず、賢くモットンで腰痛改善してくださいね。

-腰痛に良い寝具

Copyright© モットン腰痛改善マットレスの評判と口コミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.