寝ているネコ

腰痛に良い寝具

腰痛もちに最適なベッドマットレスの選び方4つのポイント

投稿日:

「1日を終えて眠ろうとすると、腰が痛くてなかなか眠ることができない…」

「目を覚ますと腰周辺が凝り固まっていて、ベッドから起き上がるだけで腰が痛い…」

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

ツライ腰痛は毎日の生活のほとんど全ての場面に支障をきたしますよね。そんなつらい腰痛を改善する1つの方法として、ベッドマットレスを変えて寝姿勢を改善することで、劇的に腰痛が和らぐ可能性が高いです。

私も介護士という仕事柄、腰に負担のかかる仕事で10年以上も腰痛で悩みを抱えていましたが、腰痛対策用のマットレスに変えることで腰痛を劇的に改善することができました。

 

しかし、腰痛対策用のマットレスといっても店舗にもネット上にも沢山の商品があり、どれを選んだら良いかわかりませんよね。

決して安い買い物ではないので、失敗したくない気持ちは良くわかります。

 

そこで、いま現在腰痛で悩んでいる人がマットレスを選ぶ際に、最重要視すべき4つのポイントを紹介します。あなたも自分に合ったマットレスを使い、腰痛を改善していきましょう。

腰痛の人はマットレス選びが超大事!

寝起きの女性

自分に合ったマットレスを選ぶことで腰痛を改善する効果が期待できます。

それは腰痛の原因の一つに寝る時の姿勢があるためです。寝る時に無理な姿勢になっていると、それだけ体の要となっている腰に負担がかかってしまいます。

 

人が横になった時に腰周辺は最も体重がかかる場所です。

そこでマットレスで体重を分散し、腰にかかる負担を軽減することが腰痛の改善につながります。

 

柔らかすぎて腰が過度に沈むマットレスは、腰が大きく曲がり血行不良を招きます。

一方で硬すぎて腰が沈まないマットレスは、背筋や脚の付け根が浮いてしまい、それだけ腰に体重がかかります。

 

他にも、寝返りがしやすいかも重要です。

寝返りが少ないと腰の辺りの血流が滞ってしまい、疲労が溜まってしまい腰に大きな負担がかかってしまいます。

イメージ的には、車や電車など長時間座っていると腰がつらくなった経験あるかと思いますが、その状態が寝ている間にも起こってしまうというわけです。

 

腰に負担の少ないマットレスを選ぶことが腰痛対策の基本になるのですが、マットレスを選ぶ最も重要視すべきポイントを4つお伝えしますね。

腰痛もちがマットレス選びで最重要視するべき4つのポイント

スマホを操作している男

腰痛に悩んでいる人がマットレス選びで最重要視するべき4つのポイントを紹介します

  • 体圧分散機能があること
  • 寝返りしやすい反発力があること
  • 自分に合った硬さであること
  • 通気性が良いこと

これらのポイントをクリアしたマットレスを選ぶことで、寝ている時にあなたの腰にかかる負担を軽くすることができます。

4つのポイントについて詳しくお話しますね。

体圧分散機能があること

マットレスに体圧分散機能があると、それだけ腰にかかる負担を軽くすることができます。

下のイメージ図をみてもらうとわかりやすいです。

モットン高反発マットレス寝返り時

体圧分散機能のあるマットレスは寝る際の姿勢にかかわらず、凹凸のある人間の体にぴったりと馴染み、全面で体を支えてくれるからです。

体重を分散するため、腰だけが深く沈み込むことを避けることができ、腰が過度に曲がった寝姿勢も防ぎます。

その結果、腰に体重が集中する寝姿勢を避けることができるのです。

寝返りしやすい反発力があること

マットレスは寝返りを妨げないように適度な反発力も必要です。

自然に寝返りができることで全身の血流が良くなり、腰に疲労物質が溜まるのを防ぐことができるためです。

 

マットレスが体にかける負担画像

 

人の体は定期的に寝返りをすることで筋肉をほぐし、特定の部位に圧力が長時間かかることを避けて、血流が良い状態を保ちます。

柔らかすぎるマットレスも体にフィットはしますが、寝返りを支える力が弱いため、腰痛を悪化させてしまいます。

マットレスには適度な反発力を求めましょう。

自分に合った硬さであること

マットレスの硬さは自分に合ったものを選ぶ必要があります。

人はそれぞれの体重が違うので、同じ硬さのマットレスでも腰にかかる負担が変わるためです。

 

「それじゃ、私に合ったマットレスの硬さってなに?」と疑問に思いますよね。

 

腰痛対策として使われることが多いウレタンマットレスの場合、硬さは「ニュートンという単位で表されます。

消費者庁が定めている硬さの基準は下の表のとおりです。

ニュートン マットレスの硬さ
110ニュートン(11重量kg)以上  かため
75ニュートン(7.5重量kg)以上110ニュートン(11重量kg)未満  ふつう
75ニュートン(7.5重量kg)未満  やわらかめ

引用:消費者庁

一般的に腰痛持ちの方は硬めのマットレスが向いているといわれており、マットレスの硬さの目安としては下に書いたとおりです。

  • 体重45kg以下 100N
  • 体重46kg~80㎏ 140N
  • 体重81㎏以上 170N

ちなみに、私は157cm65kgなので140Nが当てはまりますね。

日本人のほとんどは140Nに当てはまる人が多いんじゃないかなぁと思います。

 

腰痛対策として選ばれるマットレスはウレタンだけではなく、コイルマットレスもあります。

コイルマットレスは、バネの本数と構造の違いから2つの種類があります。

  • ポケットコイルマットレス:柔らかめ~普通
  • ボンネルコイルマットレス:普通~硬め

この2つはバネの本数や詰め物などによって硬さが違うので、あなたの体重に合ったものを選びましょう。

腰痛対策としてマットレスを選ぶ際は、自分の体に合った硬さのマットレスを選ぶことが重要ですね。

通気性が良いこと

マットレス選びは通気性の良さも重要となります。

マットレスの通気性が悪いと、湿度の高い日本ではカビや雑菌が発生しやすいためです。また寝汗を蒸発させにくいことが寝苦しさに繋がります。

寝苦しいことから不自然な姿勢で寝たり、必要以上に寝返りをしたりすることで、腰に余計な負担がかかる恐れがあります。

リラックスして眠るためにもマットレスは通気性の良いものを選びましょう。

耐久性や返品保証付きかどうかも重要!

青空のもと叫ぶ男

腰痛対策マットレスを5年、10年と長期的に使うことや、購入後のフォローがあるかどうかもとても重要なポイントといえますね。

具体的にいうと下の2つです。

・耐久性の高さ

・返品保証があるかどうか

耐久性が高いマットレスはそれだけ長持ちしますし、コスパが良くなりますよね。

耐久性の低いマットレスを購入してしまうとクッションやスプリングはすぐにへたるため、はじめはあなたの体に合っていたとしても、時間の経過により体に合わない腰に負担のかかるマットレスになってしまいます。

 

そうすると短期間でマットレスを買い直す必要があり、結果として多くのコストがかかります。

そのため、耐久性の高いマットレスを選ぶことはお財布にも優しいのです。

 

返品保証があることと更に良いですね。

仮にマットレスがあなたに合わなかった場合でもお金を無駄にすることがないからです。

マットレスは実際に数日間寝てみないと、本当に自分に合うかどうかがわかりませんよね。

返品保証付きのマットレスなら、まず試してみて自分に合わないなって感じたら返品を行えば良いので、大きなリスクを背負わなくてもすみます。

 

マットレス選びは先述した4つのポイントを最優先しつつ、耐久性が高いものや返品保証がついているものを選び、あなたの体に最も合うものを見つけてくださいね。

ベッドマットレスの選び方1つで腰痛改善の効果は変わる

オッケーサインの部長

あなたの体に合ったマットレスを選ぶことで睡眠中の腰への負担を軽減し、腰痛改善の効果を強く期待することができます。

以下は実際にマットレスを選ぶ際のポイントのおさらいです。

 

・体圧分散機能があること

・寝返りを支える反発力があること

・自分の体重に適した硬さであること

・通気性が良いこと

 

さらに耐久性が高いものを選ぶとマットレスの買い替えの頻度が低くなり経済的です。そしてマットレスを実際に試していく上で返品保証があるものであれば、試した結果あなたに合わなかった場合でもリスクはありません。

毎日のツライ腰痛を改善するためには、マットレス選びを疎かにしてはいけないのです。

57万円損した私が選んだのは腰痛対策マットレス「モットン」

数あるマットレスの中で、私が選んだのは腰痛対策マットレスのモットンです。

今回の記事で紹介した4つのポイントをクリアしていることはもちろん、10年は使える耐久性と90日間の返金保証もついていているので本当に文句はありません!

 

正直、私が働いている介護士の給与なんてそんなに高くないですし、長年勤めても給与があまり上がらないんですね。

今まで腰痛改善のために整体や整骨院、超音波治療などで57万円以上もバカみたいにお金を無駄にしてきたけど、本当は1円だって無駄にはしたくないんです。

そんな中で「一度モットンを試してみてダメだったら他のマットレスを買おう」という軽い気持ちで購入出来る安心感は、ほんとありがたいですよね。

 

使用済みでも90日間返品出来るメーカーなんてモットン以外にありません。普通なら90日間試して、返品されたら会社は大赤字ですからね。

モットンが90日間返品保証付けている理由は製品に自信があるからです。もしモットンが悪い製品だったら返品の嵐で会社は倒産してしまいますよね。

90日間返品保証を付けているのにも関わらずモットンは倒産していません。倒産するどころか、最近人気でたくさん売れています。(10万本とか売れていて、140Nは品薄状態みたいです)

 

結果的に私はモットンを使いだして腰痛が改善されたので、モットンを購入して正解でした。「90日間試せる」という製品に対する自信とユーザへの配慮は本物だと思います。

もしあなたも腰痛改善で気になっているマットレスがあるなら、まずはモットンを試してみて欲しいです。

 

合わなかったら返品すればいいだけですし、何の損害もないですからね。

90日間返品保証キャンペーンは今だけみたいなので、モットンを試してみるなら今がチャンスですよ^^d

-腰痛に良い寝具

Copyright© モットン腰痛改善マットレスの評判と口コミ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.